スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
★スポンサーサイト 楽天★

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

SONY APM-66ES


ソニーの平面型スピーカー 価格は59800円(税別・一本) 発売1985年 オーディオ名機紹介・中古対応。

独自のAPM技術を採用した平面型ユニットを全てのユニットに用いた3ウェイ・バスレフ型・ブックシェルフ機。

長岡鉄男のダイナミック大賞受賞機(1985年・スピーカー部門)。

★SONY APM-66ES 楽天★

ソニー独自の平面形ユニットAPMを採用した3ウェイ機。

ウーファーからトゥイーターまですべて平面スピーカーユニットで構成。ネットワーク部的にも吟味された厳選パーツを採用。4つのコーナーにRをもたせたA.R.E.(アコースティカリー・ラウンデッド・エンクロージャー)を採用。エンクロージャーの素材は北米産の針葉樹チップによる高密度パーチクルボードを採用と、普通のスピーカーとしても素材充実。別売りで専用のスピーカースタンドがもあった。

引用元: 【SONY】  APMスピーカー  【平面】


http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/pav/1181895277/
3: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/06/16 05:34:04 ID:93eFgrAd

平面スピーカーどこに逝ったんだ


4: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/06/16 07:56:15 ID:pW4X4dQ1

うちにいるよ


5: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/06/16 08:15:13 ID:TJEDHSqu

四角い振動板は近未来的なデザインで今見ても新鮮だね。
一番売れたと思われるAPM-66ESはウレタンエッジだったのが致命的。
音も悪くなかったし。


6: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/06/16 17:15:08 ID:cmod+/tm

重いんだなこれが


7: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/06/16 18:13:09 ID:1gERNsR2

上位の何機種か以外は一つのモーターから棒を伸ばして4点を駆動してる
と言う舞台裏を知ってガックリ。


9: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/06/16 21:16:43 ID:1vIfHRBh

>>7
まあ、APMの構造理論とは矛盾してないんじゃない?
複数コイルの同期を心配しなくても済む分、安心設計かもよw

やっぱ高コストだったのかなぁ、全然普及せず消えていったね。
デザインはソニーっぽくて好きだったんだけどね。まあ当時は
ソニーのスピーカーは「色気がない」と不評だった中で、それを
更に突き詰めるような「原音指向」てな設計方針だったんだから、
そりゃ売れる訳ないんだけどさw


16: ハニカミオヤジ 2007/06/17 07:23:29 ID:d8ONQlbg

まぁ同じ口径なら、平面と円錐型のコーンとでは後者の方が
AIRを揺らす量は多い訳だけど、平面型とメリットはエンクロと
ツライチに出来ること位?。


17: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/06/17 12:29:16 ID:2AbxyLfX

高剛性ハニカムサンドイッチ平板振動板、4点節駆動。
すんばらしぃわぁ


18: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/06/17 14:15:20 ID:Y97/UsoJ

当時のSONYはラジカセから高級SPまでAPMにこだわってたけど、
高コストで利益なんか度外視だったんじゃなかろか?


19: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/06/17 14:19:45 ID:i+RI7zsM

こんなスレ出来たんですね。

APM66ES愛用者です。
シャープな外観とは異なり、意外とウォームトーン。
気負いせず聞けるけど、解像度がないわけではなく、意外と音像はタイト。
バスレフなのでハイスピードな低音というわけではないけれど、そんなにボンつきもせず
量感もそこそこあってバランスは結構良い線行っていると思ってます。
前にせり出し過ぎもせず、やたらと奥行きを強調もせず、SPの周りに自然に広がる音場。
SPに音がへばりつく感じもしない、なんとも不思議なSPです。

ウレタンエッジはすでに朽ちかけていますが、液状ゴムでエッジを補修しています。
こういうSPがもっとあっても良いのにと思う、骨董趣味のオヤジでした。


21: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/06/17 14:36:21 ID:NAadZOYb

>>19
APM-66ESは中学時代に憧れてましたが金がないので買えませんでした。買える年齢に達したらすでに廃番にw
現在は小型のSS-X300を中古で購入してサブに使用中です。クロスエッジのため、まだまだ使えそうです。
程度の良いAPMにはほとんど遭遇しないので、SONYに期待したいのですが無理でしょうね。 



仕様など
方式 3ウェイ・3スピーカー・バスレフ方式・ブックシェルフ型
再生周波数帯域 28Hz~45000Hz
出力音圧レベル 90dB/W/m
インピーダンス 6Ω
クロスオーバー周波数 600Hz、4.5kHz
外形寸法 幅380×高さ660×奥行365mm
重量 27kg
:製品データベース:スピーカー:SONY:L
[ 2013/11/21 11:38 ] SONY | TB(-) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。