ハイレゾ?やっとレコードで聴けてた音に近づいてきただけなのにあたかも付加価値がある かのごとく振る舞って


引用元: 【AV】高音質「ハイレゾ」市場盛り上げ JVCケンウッド本格参入、ソニーも拡大 [13/10/11]


http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1381592349/
463: 名刺は切らしておりまして 2013/10/16 22:14:52 ID:flkbiO4j

Resolutionって解像度って意味だよね
Frequencyが周波数

このオーディオで言うハイレゾってのはf特も含めた話なのかな?
上の方に44.1/24bit 音源もあるようだから、CD基準でってことか



464: 名刺は切らしておりまして 2013/10/16 22:27:43 ID:nQzbTiWs

50過ぎたオッサンだがパソコンを使ってフリーウェアで可聴領域を測ったら12500Hz以上が全く聞こえん。
ショックを受けたがネットで検索すると40歳を越えたあたりから急激に衰えてオッサンとしてはこれでもマシなほうらしい。
でもちょっと待てよ、こんな安モノのアンプとスピーカで検査できるものなのか?
試しにイヤホンをつないでみると13000Hzも聞こえるやんけ、ワレー、でも14000kHzが聞こえん。
試しに安モノのヘッドホンつないでみたら14000Hzも聞こえるやんけ、ワレー。
もっとまともな装置で検査しないとワカラン、オッサンでもしっかり聞こえていることだけはわかったw


465: 名刺は切らしておりまして 2013/10/16 22:36:58 ID:flkbiO4j

オーディオの世界はなかなかマニアックな面があるのは事実だし
映像のハイレゾに比べるとわかりにくかったりもするんだよね

でも「ハイレゾ」ってワードで興味を持ってもらおうという姿勢はOK


466: 名刺は切らしておりまして 2013/10/16 22:38:05 ID:Er0CX07b

ハイレゾ音源はよく可聴範囲外の周波数について語られることが多いけど、
高サンプリングレートによる利点ってのは
可聴範囲における波形の再現性
だからな。


467: 名刺は切らしておりまして 2013/10/16 22:38:26 ID:wW14rW2s

youtubeでハイレゾ音源と謳ってるものあるけど本当かな?


http://www.youtube.com/watch?v=Mzmc20HHj_U



470: 名刺は切らしておりまして 2013/10/16 22:46:59 ID:wW14rW2s

これはレコードから録音したものだって


http://www.youtube.com/watch?v=U_uIWNWS2SQ



489: 名刺は切らしておりまして 2013/10/17 00:15:37 ID:bskU/vTw

俺クラスになるともうmp3でなれちゃったし
まあでもクラシックとかジャズとか聴く人には需要はあるのか


490: 名刺は切らしておりまして 2013/10/17 00:20:26 ID:Ppv490h8

セコいスピーカーで聴く昔のポップスなんてのも良いけど、やっぱり、mp3はちょっとツライなぁ…。


492: 名刺は切らしておりまして 2013/10/17 00:26:54 ID:FQFQPK4B

でも474みたいな波形でCDに記録されてても再現できるのかな?
無くなった情報はもう蘇らないでしょ??


497: 名刺は切らしておりまして 2013/10/17 00:44:12 ID:oLNtW28H

>>492
無くなった情報が蘇るんです。
サンプリングの定理に従って変換を行なえば蘇る。

サンプリングすると、その瞬間の値しか記録できない。
中間にどんな波形があったのかはわからなくなるんです。
しかし、その瞬間の値を元にsinc関数で補間すると……失われた中間の波形と同じになる。

サンプリングする前に、前処理をしておく必要があるんだ。
44.1kHzでサンプリングする場合は、ローパスフィルタ処理を行なって22.05kHz未満の周波数成分しか含まない信号にしておく。
この信号を一秒間あたり44100回の頻度でサンプリングすればよい。

こうして作られたサンプルから元の波形に戻すには、サンプル一つ一つに対応するsinc関数の波形を多数作って重ね合わせる。
その結果、ローパスフィルタ処理を行なった後の波形が再現されます。

直感的に理解するのは難しいのですが、正確に波形が再現される。ということは信じてください。


499: 名刺は切らしておりまして 2013/10/17 00:56:44 ID:FQFQPK4B

>>497
情報を間引いて再現するってことか


500: 名刺は切らしておりまして 2013/10/17 01:10:43 ID:oLNtW28H

>>499
はい。そうです。情報を間引いて記録し、再生するときは失われた情報を推定して波形をつくります。

推定するにあたっての前提がありまして、
元の波形を再現するときに「このサンプルはローパスフィルタ処理が行なわれた波形をサンプルしたものである」
という前提で処理します。

ですので、間引く作業をする前に行なうローパスフィルタ処理が重要なんですね。
この前提が守られているかぎり、間引いて失われた情報は再現されます。


494: 名刺は切らしておりまして 2013/10/17 00:32:16 ID:Ppv490h8

結局、音楽は音楽的に処理するわけで、いわゆる原音再生とは違うのね。


495: 名刺は切らしておりまして 2013/10/17 00:40:36 ID:FQFQPK4B

無くなったデータも再現されるの??音楽の波形はもっと複雑そうだけど。


496: 名刺は切らしておりまして 2013/10/17 00:42:11 ID:Ppv490h8

いや、自然の音と比較すれば、音楽に使われる音は単純だろw。


498: 名刺は切らしておりまして 2013/10/17 00:44:12 ID:NPKnXqPg

ハイレゾウォークマンもそうだけど、大抵のハイレゾ対応音響機器は波形の補完機能がついてる


501: 名刺は切らしておりまして 2013/10/17 02:18:10 ID:fWiicV/Y

CDの音は連続波じゃないし
短時間で消える1/2fの成分が節に近い部分でサンプリングされたらどうにもならんし
直感的にはおかしいものは大概おかしい


502: 名刺は切らしておりまして 2013/10/17 06:08:07 ID:43SCMb7d

やっとレコードで聴けてた音に近づいて
きただけなのにあたかも付加価値がある
かのごとく振る舞って高価格設定にする
神経がわからん。
昔のJAZZの録音なんかは明らかに
昔のままの音の方がよろしい。
ハイレゾは不自然な音がする。


504: 名刺は切らしておりまして 2013/10/17 06:50:28 ID:K5438af1

ハイレグとハイレゾって似てるよね


505: 名刺は切らしておりまして 2013/10/17 09:24:35 ID:0gfbH1gh

学校で可逆不可逆をきちんと教えないからサンプリング定理で正確に再現できると思い込んでしまう。


506: 名刺は切らしておりまして 2013/10/17 09:30:12 ID://ieYXyM

これ、写真画像データに例えていうなら、極めて画素数の高いデータってことだろう。

で、写真というのは普通はある程度離れたところから、全体と細かさの両立しそうな距離で見る、あるいはかなり離れて全体把握してみたり逆に拡大表示でピンポイント見てみたりもする。

これを音楽データで言うなら、とても小さな音を聴くためにボリューム上げたり、だいたいの構成を知るのに早送りしてみたりその他諸々、、、って事だろう。
でも試聴レビューなどを読んでもそこまでしているのはほとんどない。

画像を見るとき「細かく写り込んでいる」は細かく見る努力をしているが、音楽を聴くとき「細かいところまで聞こえる」は普通の聴き方で比べており何の努力もしていない。
画像チェックで行われていることは、音楽でいえば録音スタジオで行われていることであり、リスナーは何もしていない。

以上がハイレゾ音源の必要性に疑問を呈する理由になる。


508: 名刺は切らしておりまして 2013/10/17 10:06:44 ID:0gfbH1gh

>>506
何を言いたいのか全く伝わってこないです。
リスナーはキチンと音を聞かないから必要なしってことですか?


507: 名刺は切らしておりまして 2013/10/17 10:01:10 ID:T2hCAhXl

つまり高解像度にするというより
電磁ノイズの処理技術のほうが
音に与える影響が大きいということですか。


509: 名刺は切らしておりまして 2013/10/17 11:24:36 ID:u02tYaPt

>>507
写真の例が出たが、デジイチでフルサイズを使い高価なレンズを使って写真を撮ると鮮明で空気感が違う。
同じように量子化誤差や電子処理だけでなくそれぞれのパーツにノイズが発生する要因があるから必要以上にサンプリングすることでノイズを平滑化=除去できる可能性はあると思う。
ハイレゾにしなくても数十万円のオーディオにすると空気感が違う。
これは例えば周波数特性で20kHzまで再生できると言ってもこの周波数で100%から0%になるわけではなく高域の信号を大きく歪ませてしまうので、余裕があれば実際の再生領域での特性もいいからだろう。
サンプリング定理は周波数2倍と言っても元の信号にノイズが乗っていない場合の話で、過剰サンプリングによる平滑化が期待できない高域ではノイズが除去されない可能性はある。


510: 名刺は切らしておりまして 2013/10/17 12:20:20 ID:npwxZN3y

疑問なんだが、
オーケストラの音は、各楽器が発音源であって耳に届くのは直接音や間接音などが混合した物
たいしてスピーカーは振動板だけが発音源であらかじめ混合されたマイクが拾った音
この二つの差は高級だとか高解像度とかで埋まる物なのか?
オーディオを根本から否定しちゃうけど


511: 名刺は切らしておりまして 2013/10/17 13:09:44 ID:9hTzQNyi

>>510
結局人間が感じるのは二つのマイクだけだから
あと皮膚で空気の振動も感じるが変わらんだろうな

コンサートホールで目隠しして生演奏とスピーカーからのを比較するテストでもするか?


512: 名刺は切らしておりまして 2013/10/17 15:25:33 ID:tv3XJ5bl

ギザギザを滑らかに見せるアンチエイリアスみたいなものでしょ。
ギザギザは細かいほうがより自然な滑らかさになる。


515: 名刺は切らしておりまして 2013/10/17 16:51:14 ID:9hTzQNyi

>>512
ディスプレイと違ってスピーカーは出力もアナログで
コーンの質量がアンチエイリアスをしてるので


514: 名刺は切らしておりまして 2013/10/17 16:46:16 ID:3R0P3dcD

細かい音の再現がって言うけど、そんな細かい音はデジタル処理する以前にローパスフィルターで除去される
んだよ。なぜかっていうと、そんな細かい音は人間の耳では聞こえないから。